平和の巡礼者プロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日岩手山とともに

<<   作成日時 : 2017/04/05 19:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
2017年4月5日(水)巡礼47日目。4時30分起床。5時30分発。岩手県盛岡市〜岩手県八幡平市

5時30分発。そんな時間なのに、フロントには男性二人のホテルマンが待機していて、いってらっしゃいませ、と送り出してくれる。

朝日が昇る。日の光りを浴びて行く。お蔭さまで今日もいい天気のようだ。ありがたい。

国道4号線を行く。間もなく県庁、盛岡駅など市街地を抜けて行く道と、その市街地を大きく迂回する4号線の分岐に至る。迷わず4号線を行く。

迂回する方が多分2、3キロ距離は長くなる。ただしシンプルである。昨夜何回か目的地までのシミュレーションをやってみたが、市街地をいくコースは枝分かれが多く、複雑なのだ。その都度判断しなければならないし、間違えると時間のロスになる。それなら少々長くなっても、ただ坦々と行ける方がいい。

左手に雪をかぶって真っ白な大きな山が見える。連なりではなく独立峰だ。昨日も見えていて、何という名の山が、ホテルの人に聞いてみよう、と思っていたのだが、すっかり忘れていた。

で、今朝、水上川の長い橋を渡っていたら、年配の男性がやってきたので、すかさず聞く。帽子を脱いでおはようございます、と声をかける。

男性は自分が言われたと思わなかったのか、後ろを振り返った。すみません、あの大きな山は何という山ですか?「岩手山」。そうなのだ、岩手山だ。頭の中ではその名が廻っていたのに、確信が持てなかった。岩手山だ。立派な山だ。

名前を知ったことで、その存在がぐん、と身近なものになる。親しみのこもった存在になる。ずーっと昔、そのことを「絶対幸福」と言うのだ、と教えてくれた人がいた。新興宗教の関係の人だったが。

9時40分、国道282号線分岐着。直進して282号線を行く。これで4号線とはお別れ。日光から4号線に出て、毎日毎日それを北上して来た。お世話になりなした。分岐点近くのバス停を見たら、その名前が奇しくも「分れ」だった。

ずーっと左手に岩手山を見ながら進む。場所場所により、いろんな表情を見せてくれる。地図を見ると2038メートルとなっている。羊蹄山より高く、北海道の最高峰旭岳よりは少し低い。堂々たる山容だ。

10時35分、路肩の石の上で小休止。適当な時間に休める場所がなかなかないので、ついつい歩き続けてしまう。スピードはがっくり落ちる。今日の行程は比較的短いのだが、明日の行程が長いので、少しでも先に行きたい、という思いがあるので、ついつい急いでしまう。お昼はおにぎりを歩きながら。

2時40分、ビジネスホテル西根着。ここまでは36キロ。昨日電話でお願いしていた通り、ホテルにタクシーを呼んでもらい、18キロ先の安比高原駅まで送ってもらい、そこから歩いてホテルまで戻る。距離は16キロほど。

本日泊まるホテルから、明日泊まるホテルまでは62キロある。しかも結構な峠を越えていくコースである。本日のうちに16キロ前進しておくと、明日の行動が大分楽になる。

緩やかな坂を下っていく。今度は岩手山が右手に見える。午後の日差しを浴びて、うっすらと霞んで見える。今日は一日岩手山とともにいた。いろんな表情を見せてもらった。

大分消耗し、またスピードが落ちてくる。それでもホテルが近づくと少し元気が出て来て、足も軽やかになる。再び本日の宿泊先「ビジネスホテル西根」着17時30分。12時間、54キロ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
岩手山 私も大好きです。
雪を被っているので、余計ハッキリと見えて存在感ありますね〜
romi
2017/04/06 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
一日岩手山とともに 平和の巡礼者プロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる