平和の巡礼者プロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 賢治の故郷を通り盛岡へ

<<   作成日時 : 2017/04/04 18:19   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

画像
2017年4月4日(火)巡礼46日目。4時30分起床。5時30分発。岩手県北上市〜岩手県盛岡市

朝はパンを2個食べる。昨日コンビニで買っておいたもの。朝が早いとホテルの朝食は無理なので、ほとんどこれで済ませている。多分最後まで。

フロントはクローズで鍵がかかっているので、出口に設置してあるキーボックスに鍵を入れてチェックアウト。

12、3分歩いて国道4号線に出る。今日もこの道一本のコース。コースを考えなくていいので、煩わしくなくていい。

グーグルの地図アプリは最短コースを示してくれるのだが、よそのお宅の庭か、と思うような細道までコースに入り、追って行くのは容易でないし、何時も気を使っていなければならないので、採用しない。少々時間がかかっても、道は単純な方がいい。安心して祈り歩いて行ける。

歩き始めの気温は0℃。キリッと冷えている。天気は快晴。そのせいか、やはり空が広く高く見える。気持ちのいい朝だ。

7時過ぎに花巻市に入る。宮澤賢治の故郷だ。右も左も前方も、ぐるりと山の連なりに囲まれてはいるが、実に広々と感じる。昨日と同様、気持ちよく祈り歩いて行く。

宮澤賢治は熱心な法華経の信者であった。作品の中にも随所に仏教的な思想が色濃く表れている。亡くなる時、臥せていた布団から起き上がり、布団の上に正座して、西方に向かって合掌し、大きな声で「南無妙法蓮華経」と三度唱え、再び布団に臥し、そして亡くなった。賢治の弟さんの清六さんがそう書いている。

「銀河大橋」という名の橋があった。これも賢治の「銀河鉄道の夜」からきているのだろうか。なにかの看板にイーハトーブという文字も見えたりする。やはり賢治の故郷である。

東京から500キロ、の道路標識が出て来る。写真に撮る。あと10キロ歩いたら小休止にしようと想って歩いていたら、500・1キロの標識が出てきた。おいおい、あの500キロの写真を撮ってから、少なくとも30分以上は、つまり2、3キロは歩いているぞ。これはまやかしである。詐欺である。進んでいる、と思っていたのに、逆戻りしてるじゃないか。

距離のさばを読んでいる。国土交通省どうなってるんだ。ま、そこで怒っても大人気ないし、与えられた試練だと思って、坦々と祈り歩いていく。後でみたら何となくつじつまの合う距離になっていた。どこかで修正されていたのかな?

11時、道端にあった道の駅「石鳥谷(いしどりや)・杜氏の里」で小休止兼食事。道の駅の食堂でかき揚げ丼を食べる。800円。ここまで28キロ。あと20キロほどか。天気は上々。風もほとんどない。

午後は少し天気が下り坂で、風も出て来たが、かえって涼しくて歩きやすく、また昨日と同様に歩道がしっかり付いていて、安心して祈り歩いて行き、森岡市街に入り、県道36号線を左折し、本日の宿泊先「ホテルルートイン森岡南インター」着15時50分。10時間20分、48キロ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
賢治は死に際も潔くカッコイイですね。
romi
2017/04/04 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
賢治の故郷を通り盛岡へ 平和の巡礼者プロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる